リサーチ

2020.07.21

『社会人のビジネス基礎力調査』平均スコアトップは20代後半

業種別・職種別のスコアも紹介

社会人向けビジネス基礎力診断テスト『Biz SCORE Basic』を提供する株式会社ラーニングエージェンシーは、2019年12月に過去4年間の受検者(55,456人)のスコアを調査・分析し、公表した。年代別、業種別、職種別のスコアを参照しながら、ビジネススキルの成熟度や課題についても考察する。

人生100年時代の到来や第四次産業革命を受け、近年ビジネスパーソンとしての基本的な知識やスキルを有し、個人が自らのキャリアを主体的に切り拓いていくことが重要視されている。2018年2月、経済産業省が人生100年時代を生き抜くための「新・社会人基礎力」を示したことをきっかけに、「社会人基礎力」への注目度はますます高まった。
 
株式会社ラーニングエージェンシーは2016年3月より、ビジネスパーソンの基礎力向上に寄与するべく、社会人向けのビジネス基礎力診断テスト『Biz SCORE Basic』の提供を開始。受検者が50,000人を超えたことを機に、過去4年間の結果をもとに『社会人ビジネス基礎力調査』を公表した。
 
ビジネス基礎力とは…
組織の中で期待される成果を継続的に出すために必要な知識・スキルのうち、職種・業種・役職を問わず共通して必要になる基礎的な力。診断テストは下記の4カテゴリ、100点満点で構成されている。
 
4_res_138_01.jpg
年代別の平均を見ると、最も高いスコアを出したのは20代後半だった。30代前半以降は、年代が上がるほどスコアが低くなり、社会人になって間もない「24歳以下」の層を除けば、少なくとも当テストにおける「ビジネス基礎力」は、年齢とともに低下するという結果になっている。
 
また、40代前半以降の年代は、「24歳以下」よりもスコアが低くなっている。社会人としての経験とビジネス基礎力のスコアは、単純にリンクするものではないようだ。
 
4つのカテゴリのうち、「Communication(コミュニケーション力)」、「Planning & Control(仕事の計画力や進め方)」、「Thinking(思考力)」の3つのカテゴリにおいて、20代後半がトップ。「Business Knowledge(ビジネスパーソンに必要な知識)」については、年代別傾向2位の30代前半がトップだった。
 
4_res_138_02.jpg
業種別のスコアで4カテゴリ全てにおいてトップを独占したのは「情報通信業」。特に「Planning & Control(仕事の計画力や進め方)」においては、全体平均(13.7点)と1点以上の差をつける結果になっていた。
 
近年の情報通信業は変化がめまぐるしい。ここに関わる企業も個人も、従来の知識・スキルや感覚にとらわれていては、時代に取り残されてしまう…という危機感を持っていることが多いため、“今”求められるビジネススキルに対する意識も高いのかもしれない。
 
4_res_138_03.jpg
職種別で比較すると、会計、コンサルタント等の専門職が、全てのカテゴリで1位を獲得した。また、年齢や業種での比較と比べて、1位と2位の差が2.6点と大きく開いたことも興味深い。
 
会計やコンサルタント等の専門職では、テストで問われている内容が、より日々の仕事に直結しているほか、普段から財務・経理、マーケティングや経営といった業務に包括的に関わることが求められる。知識や思考力、仕事の計画力・遂行力はもちろん、整理したことや自らの発案を「相手に納得させる」ことが必須となる職種なので、コミュニケーション力も自然と高まっていくのではないだろうか。
 
4_res_138_04.jpg
調査では、20代後半をピークに年齢が進むほどスコアが下がる、40代以降が若手より低スコア…という結果が出ていたが、これは今の20代~30代の社員と比べて、上の世代には体系的にビジネススキルの基礎を習得する機会が少なかったことが起因していると考えられる。かつては、知識やスキルは「上司の背中を見て学ぶ」、「経験を積んで学ぶ」というのが一般的だった。
 
体系的・包括的に学ぶ機会は少なかったかもしれないが、実際に同じ仕事をしていると、30代や40代、それ以上の世代のビジネスパーソンの力量にうなる若手も多いだろう。それは、経験から培った業務遂行力や、スコアにはあらわれない「基礎力」を、「複合的な力」として発揮しているからではないだろうか。単純に知識やスキルを獲得するだけではなく、持っている力をうまく組み合わせることで、単独スキルよりも大きな成果を上げることができるはずだ。
 
若手は「組み合わせる力」を先輩・上司から学び、上の世代は今あらためてビジネススキルの基礎を学ぶことによって、さらなるスキルアップを図ることができるだろう。そして、ビジネスパーソン個人が率先して学ぶことに加え、「業務外のことも学べる機会を提供する」、「多様な仕事を経験させて幅広く知識をつけさせる」といった企業の取り組みも求められてくるのではないだろうか。
 
 
【出典】株式会社ラーニングエージェンシー 社会人向けのビジネス基礎力診断テスト「Biz SCORE Basic」結果による『社会人ビジネス基礎力調査
 
作成/MANA-Biz編集部
PAGE TOP