組織の力

2020.04.27

オフィスラウンジのススメ

「ラウンジ」と聞くとホテルや空港を連想するかと思いますが、実は既に多くのオフィスにラウンジが設けられています。その背景には、業務効率の向上に加えて創造性の高いアウトプットを出すための働き方の変化や、自分らしく働ける環境を求めるワーカーの価値観の変化などがあげられます。また、テレワークなど多様な働き方も浸透しはじめ、オフィスにおいては「人と出会い、交わる」ことの重要度が高まっています。質の高い「集いの場」がチームとしての一体感を醸成し、会社への帰属意識を高める効果も期待されています。人材獲得が難しい昨今、オフィスの雰囲気のよさが就活生へのアピールポイントとなることもあって、今後ますますオフィスラウンジに注目が集まりそうです。

オフィスラウンジとは

オフィスラウンジとはゆったりとした空間の中で機能的にワークできるラウンジ空間のこと。多くのオフィスラウンジでは従来のオフィスっぽい家具ではなく、リビングや力フエのようなくつろいだ家具や内装を採用しています。
 
空間の作り方は大きく2種類あり、1つは執務の使用をメインに想定したもの、もう1つは多目的な利用を想定したものです。大きな違いは執務エリアとの位置関係と食事に対する考え方。執務メインの場合は執務エリア付近に設け、食事はNGもしくは軽食程度までとすることが多く、多目的な場合は食事のにおいが気にならないよう執務エリアとは空間を分ける例が多くみられます。
 
1_org_111_01.png
 
 
 

オフィスラウンジのメリット

オフィスラウンジは機能的なメリットに加えて、「自分たちのオフィスの象徴」としての求心的な役割も果たします。

 

1_org_111_02.png

 

  
 

オフィスラウンジ構築時の注意点

このようにとても便利に使えるオフィスラウンジですが、構築時には利用シーンや頻度を検討し、適切な設備や規模で設ける必要があります。
 
1_org_111_03.png
 
 
オフィスラウンジ…と聞くと難しく感じてしまうかもしれないのですが、今までの食堂をもっと仕事にも使いやすく、今までのミーティングソーンをもっと居心地よくすることで、使い方の幅を広げられるのではないでしようか。社員が自慢したくなるかっこいいオフィスラウンジ、作りませんか。
 
1_org_111_04.png

オフィスのチカラ

この記事は、コクヨ株式会社が発行する冊子『オフィスのチカラ』に掲載されたものです。冊子『オフィスのチカラ』をご希望の方は、こちらのフォームの「カタログのご請求フォーム」の「家具単品カタログ」の枠に『オフィスのチカラ』最新号希望とご記入の上、ご送信ください。

オフィスのチカラ vol.15より転載
PAGE TOP