ビジネスシーンで要注意ワード

2019.04.03

「いい人そう」という 言い方は控えた方が無難

本日のチェックワード 78「いい人そう」

「新しい担当の方って、いい人そうですね」

 取引先の新任担当者があなたの会社を訪れ、応対した後輩が上記の感想を述べたとします。実はこの言葉には文法的に正しくない言い方が含まれているのですが、どこかわかりますか?
 間違っているのは、「いい人そう」という言い方。様態(状態を推量すること)を表す「~そう」という接尾語は、通常は動詞や形容詞、形容動詞の語幹につきますが、「人」などの名詞とセットでは使えません。上記の例でいうなら、「いい人のよう」「いい人みたい」が正しい言い方です。
「いい人そう」でも意味は通じますが、自分が使うなら文法的にも正しい言い方を心がけた方が好印象につながります。

この使い方ならOK

・学生インターンへの対応もていねいで、いい人みたいですね。

監修/篠崎 晃一(Shinozaki Koichi)

東京女子大学教授。専門は方言学、社会言語学。『例解新国語辞典』(三省堂)編修代表や、テレビ番組「ワーズハウスへようこそ」(日本テレビ系)の監修など幅広い分野で活躍。『えっ?これっておかしいの!? マンガで気づく間違った日本語』(主婦の友社)など、日本語の誤用に関する著書も多い。

PAGE TOP