プレゼンテーション

2017.05.10

プレゼンの自信のなさは、言葉の語尾に表われる

プレゼンテーション6:はっきり伝えたいときの語尾の選び方

まずは動画に撮って
自分のプレゼンをチェックしよう

プレゼンにおいて、「話す内容」はもちろん大切ですが、「話し方」も同じくらい重要です。
 
「人前で話すことが苦手だ」という人は多いでしょう。これを克服し、人の心を動かすプレゼンをするにはどうすればよいのでしょうか。やるべきことはただひとつ、練習です(こう言ってしまえば身も蓋もないないですが・・・)。話し方は、練習をしないことには上達しません。
 
ただ、短期間に話し方が上手くなるための練習方法としてぜひやってほしいことがあります。それは、話している自分を動画に撮ること。「え~、嫌だぁ~」と思うかもしれませんが、ダイエットをするなら体重計に乗りますし、化粧をするなら鏡を見るでしょう。これと同じように話し方をトレーニングするならプレゼンをしている自分の動画を見ることは大切です。
 
動画を見て、自分の話し方を客観的にチェックする。この作業をやるのとやらないのでは、プレゼンがうまくなるまでの時間が大きく違ってきます。チェックしてほしいところはいろいろとありますが、中でも特に気を付けてほしいのが、「語尾がはっきり聞こえているかどうか」です。
 
 

「べきです」なのか、
「思います」なのかで印象は大きく変わる

プレゼンを聞いていると、語尾が聞き取りにくい人が意外と多くいます。
 
プレゼンター:「その場合、この解決策は効果がありま・・ゴニョゴニョ・・(だんだん声が小さくなる)」
聞き手:「えっ、何だって? 効果があるの、ないの?」
 
日本語では、肯定文か否定文かが文の最後で決まります。「~します」なのか、「~しません」なのか。最後の一言で意味はまったく違ってきますので、文は語尾まではっきりと言うようにしましょう。語尾をしっかり言い切るためには、「。」も言おうとしてみてください。特に力を込めたいところは、「任せてください!」など「!」を付けて話すのもよいでしょう。
 
また、強い語尾と弱い語尾の使い分けも重要です。
 
・~すべきです(このシステムを導入すべきです)
・~です(お勧めはこのシステムの導入です)
・~と思います(このシステムの導入がいいと思います)
 
この3つではニュアンスがだいぶ異なります。
では、こうした語尾の使い分けはどうやって決めればよいのでしょうか。
 
ポイントは3つあります。
①相手と自分の距離感
②プレゼン内容が、反論が出やすい提案であるかどうか
③自分の専門領域かどうか
 
 
 

下地 寛也(Shimoji Kanya)

コクヨ㈱入社後、行動と環境(創造性、コミュニケーション、場のあり方等)に関する研究・分析を担当。2003年より、クライアントの企業変革のコンサルティングや研修コンテンツ企画を担当する。著書『コクヨの3ステップ会議術』(中経出版)、『コクヨの1分間プレゼンテーション』(中経出版)、『コクヨの5ステップ ロジカルシンキング』(中経出版)、『コクヨの「3秒で選び、2秒で決める」思考術』(中経出版)、『コクヨのコミュニケーション仕事術』(総合法令出版)

イラスト/海老佐和子
PAGE TOP