ビジネスシーンで要注意ワード

2017.04.03

「辛党」

本日のチェックワード 39

先輩A「そんなにタバスコかけて大丈夫?」
後輩B「私、辛党ですからこのくらいがちょうどいいんです」

「辛党=辛いもの好き」と思っていませんか? 実は辛党とは、「甘いものよりお酒が好きな人」を指します。逆に、甘党は「お酒より甘いものを好む人」という意味。ですから「私は辛党です」というと、「いけるクチです」と宣言しているのと同じことになります。間違った使い方をしても仕事に大きな影響はなさそうですが、アルコールに強くない人は、周りに誤解を与えないために覚えておくといいですね。

この使い方ならOK

・先輩は辛党でしたね。ビールになさいますか?
・2軒目は甘味処にしませんか? 私は辛党というよりは甘党なので。

監修/篠崎 晃一(Shinozaki Koichi)

東京女子大学教授。専門は方言学、社会言語学。『例解新国語辞典』(三省堂)編修代表や、テレビ番組「ワーズハウスへようこそ」(日本テレビ系)の監修など幅広い分野で活躍。『えっ?これっておかしいの!? マンガで気づく間違った日本語』(主婦の友社)など、日本語の誤用に関する著書も多い。

PAGE TOP